Skip to content

作者別: 管理人

会社設立代行サービス

会社設立代行サービス会社設立にあたっては、会社設立代行サービスによって、新たに会社を設立したり、個人事業を法人化するといった一連の準備をサポートしてくれるサービスがあります。もちろん、定款の作成や必要書類の準備、あるいは印章の作成や事業を始めるに当たって必要なものは、すべて自分で用意する必要がありますが、煩わしい届け出や税務に関する申請書など、すべて代行してくれます。

会社を設立するに際して、意外に重要なのが屋号を決めるということで、屋号とはすなわち社名ということになります。社名は同一住所でなければ、どのような社名にしてもかまいませんが、同じ社名が存在している場合、さらに同一の業務を行っている場合は、不正競争防止法などの法律に基づき、商号の使用差し止め請求を受ける可能性も捨てきれず、下手をすれば損害賠償を請求されるといった不利益を被る可能性もあるのです。

したがって、会社設立を行う場合には、こうした社名の重複を調べておかなければならず、会社設立代行サービスではこうしたサポートも行っています。こうした会社設立代行サービスを利用することで、必要な手間を代行してくれますので、短期間で会社設立が可能となり、依頼者はほかの重要なポイントに集中することができます。

会社設立のメリット

個人事業ではなく、会社設立によって法人化することには、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。一般的に有限会社など、個人事業のレベルでは、在住の自治体などに開業届を出すだけで、会社を立ち上げることが可能となります。しかし、株式会社など法人による会社設立には、いくつかの条件があり、会社設立を完了させるまでには準備期間が必要で、様々な様式の書類の作成が必要となってきます

会社設立個人事業主から、一定の期間を経て法人化することも多く、株式会社など会社を法人化した場合、会社設立を行うだけでも数日かかり、下手をすると準備に数か月かかるといったこともあり得ます。しかし法人化のメリットは大きく、税制面でも大きく優遇されていることを存じでしょうか。法人化による税制優遇は、役員報酬は全額損金に参入可能で、会社経費に計上することができます。

また、役員報酬は給与所得控除を受けることができ、個人事業税の負担がなくなり、経営者が引退する場合にも退職金を支払うことができ、一定額まで非課税となります。さらに、繰越欠損金の繰越期間が9年となり、税金の計算期間を変更できるうえに、法人から地代家賃を受け取ることも可能となります。

公認会計士と税理士

会社設立に伴って、会計事務所や経理事務所に、税務や会計を依頼することがほとんどですが、この会計事務所と経理事務所の違いは一体どこにあるのでしょう。実は、この二つの違いは名称によるものだけで、行っている業務に関しての違いは全くないのです。

職業ただし、職業に関して言えば、似た業務も扱う税理士と公認会計士がいますが、税理士が税理士しか名乗れないことに対し、公認会計士は税理士を名乗ることもできます。実は日本の国家免許のうち、難関とされているのは医師免許と弁護士免許、そして公認会計士の三つが三大国家資格と呼ばれているのです。そもそも税理士の方が認知度が高い傾向にあるのは、税理士の人数が圧倒的に多いうえに、税務の相談などでお世話になることもあり、一般市民の生活に非常に密着していることから印象が強いのでしょう。

公認会計士と税理士の仕事が似ているのは、試験の内容が非常に酷似しているからですが、税理士は公認会計士を名乗ることはできませんが、公認会計士は税理士の名簿に登録するだけで、同時に税理士を名乗ることもできるのです。つまり、単純にこのことだけを見ても、公認会計士が税理士の上に位置する事がお分かりいただけることでしょう。

会社設立後の会計業務

個人的に、会計事務所と付き合いをするといった機会はあまりないようですが、ほとんどの企業が税理士事務所や公認会計士事務所、あるいは税務会計事務所といったところに、税務や会計の依頼を行っています。多くの企業が会社設立以降、こうした事務所に仕事を依頼するのは、税務や会計の仕事が特殊であり、税務や帳簿の計算が素人では一筋縄ではいかないことを物語っているでしょう。

仕事会計事務所の仕事は、簡単に言ってしまえば経理と会計と財務いうことになりますが、経理、会計、財務の違いをはっきりと素人が区別するのは難しいようです。まず会計ですが、我々が物を購入する場合、代金を支払い物品を手にすることになりますが、この流れが会計であり、金の出入りと物品の残高などを帳簿に記録することが会計の業務と言えるでしょう。経理は、会計の中でも金銭の処理の一つの業務で、パソコンなどを使い、貸借対照表や損益計算書、あるいはキャッシュ・フロー計算書や決算書など、会社の内外に流れる金銭の情報を計算書類にまとめることを言います。

そして財務とは、企業の銀行融資や株式発行など資金調達を行い、予算管理と資金運用を行う業務を行えますが、この資金運用の考え方には投資のほかに企業買収に合併なども含んでいます。以上のことから、会計事務所の仕事は金銭に関する仕事全般を、業務としてつかさどっており、会社の業務の中でも無くてはならない中枢の業務と言ってもいいでしょう。