Skip to content

会社設立後の会計業務

個人的に、会計事務所と付き合いをするといった機会はあまりないようですが、ほとんどの企業が税理士事務所や公認会計士事務所、あるいは税務会計事務所といったところに、税務や会計の依頼を行っています。多くの企業が会社設立以降、こうした事務所に仕事を依頼するのは、税務や会計の仕事が特殊であり、税務や帳簿の計算が素人では一筋縄ではいかないことを物語っているでしょう。

仕事会計事務所の仕事は、簡単に言ってしまえば経理と会計と財務いうことになりますが、経理、会計、財務の違いをはっきりと素人が区別するのは難しいようです。まず会計ですが、我々が物を購入する場合、代金を支払い物品を手にすることになりますが、この流れが会計であり、金の出入りと物品の残高などを帳簿に記録することが会計の業務と言えるでしょう。経理は、会計の中でも金銭の処理の一つの業務で、パソコンなどを使い、貸借対照表や損益計算書、あるいはキャッシュ・フロー計算書や決算書など、会社の内外に流れる金銭の情報を計算書類にまとめることを言います。

そして財務とは、企業の銀行融資や株式発行など資金調達を行い、予算管理と資金運用を行う業務を行えますが、この資金運用の考え方には投資のほかに企業買収に合併なども含んでいます。以上のことから、会計事務所の仕事は金銭に関する仕事全般を、業務としてつかさどっており、会社の業務の中でも無くてはならない中枢の業務と言ってもいいでしょう。